京都府城陽市の歯科医院、和田歯科のホームページです。> 治療内容ページ
 

歯の色や形が気になる・・・

オールセラミックなら美しさや輝きを手に入れることはもちろん、歯の形を変えることも可能です。

かぶせた冠と歯肉の間が
黒くなってしまって・・・

オールセラミックは金属を使っていないので、歯と歯肉の隙間から金属が見えることがありません。

お口の中の金属の冠が
気になる・・・

奥歯に入れた金属は意外と目立つものです。オールセラミックなら笑顔に自信がもてます。

before

神経を抜いたため変色し、他の歯と色が合わなくなった前歯。

after

オールセラミックの薄い板を貼り付け、審美的に調和のとれた美しさが得られました。

before

時間経過により冠の裏の金属が露出して、隙間が黒く見えます。

after

オールセラミックは金属を使っていないので、隙間から黒い金属が見えることはありません。

before

虫歯だった奥歯の銀色の詰め物で治療した患者さんです。

after

欠けた歯の治療と同時にオールセラミックにすることで、天然歯と変らない白さと輝きを得ることができました。


オールセラミッククラウン 透明感があり、最も自然な美しさ

金属を一切使用しないので透明感や美しさは群を抜いています。
変色もなく、金属アレルギーの方でも安心して使用頂けます。

メタルボンドクラウン

金や白金などの金合金の上に、セラミックを焼きつけたクラウンです。
オールセラミックに比べれば若干透明感が劣りますが、その分丈夫で色の変色もなく信頼性の高いものです。

ハイブリッドクラウン

プラスチックとセラミックを混ぜた素材です。
金属は使用しませんので金属アレルギーの方でも安心して使用できます。
プラスチックが混ざっているため若干変色する場合もあります。

ゴールドクラウン(白金加金)

歯の色は白くなりませんが、精度が極めてよく金の柔らかさが、かみ合わせる相手の歯にも優しい金属で、素材の寿命が長く、金属アレルギーの心配が極力少ないものです。

自費診療と保険診療の違い

上記に挙げた治療は全て自費診療です。自費診療とは、健康保険が適用されず、全て実費となる診療です。
ここで誤解しないで頂きたいのは、健康保険適用の治療であっても治療は十分できるということです。
ただし、健康保険では全て治療に用いる素材などは定められているので人によっては治療の要望を100%反映させることができません。
どういった治療を選択されるかは患者様自信がお決めになられることでありますが、それぞれの治療を選択された際のメリット、デメリットはお伝えする義務があると考えております。
治療に際しての詳しい内容はご来院時にご質問下さい。

 
 
和田歯科(歯科・小児歯科・矯正歯科) 〒610-0121京都府城陽市寺田今堀153-19 P有り