京都府城陽市の歯科医院、和田歯科のホームページです。> 治療内容ページ
 

入れ歯を使われている方の不満は、「違和感」「かめない」「見た目」が代表的です。入れ歯を自分の歯と同じように使いこなすには慣れも必要ですが、入れ歯自体の設計や作り方を見直すことで不満は解消できることもあります。
ここでは保険の義歯と自費で作る義歯をご紹介します。

レジン床(プラスチック)義歯

幅広く用いられる一般的な保険適用の義歯です。
基本的にプラスチックのため厚みがあり、快適さが損なわれ、また熱の伝わりがよくありません。

 

コバルトクロム(金属床)義歯

自費になりますが、うすく、違和感の少ないのが特徴です。
熱の伝わりがいいので、冷たいもの熱いものがわかりやすく、味覚も損ないにくくなります。

 

チタン合金義歯

うすく違和感が少なくコバルトよりも軽いのが特徴です。
金属アレルギーの心配が少ない金属です。



磁性アタッチメント義歯

残ってる歯の根に金属をつけ、入れ歯側に磁石をつけます。
がたつく入れ歯を固定します。



ノンクラスプ義歯

歯にかかるはり金(クラスプ)のない義歯で審美性に優れています。

 

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯(針金のない入れ歯)臨床例
針金がないので目立ちません。

 

 

 

 

 

 
 
和田歯科(歯科・小児歯科・矯正歯科) 〒610-0121京都府城陽市寺田今堀153-19 P有り